病理検査室

当検査室には上尾中央医科グループ(AMG)の各病院より検体が集まり、多くの症例を取り扱っています。通常の病理組織診断や細胞診のほか、術中迅速診断の実施や病院機能評価への協力も行っています。このように臨床との連携が強く"AMGの病理検査室"としての役割を担っています。

病理診断を専門としている医師である"病理専門医"が病理診断を行います。現在、常勤医師のほか、6名の非常勤医師も勤務しています。また、臨床検査技師一人一人は日常業務だけで明け暮れることなく、患者様に誠実な貢献ができるようにと日々勉強をしています。二級臨床検査士(病理学)の認定取得や細胞検査士(日本臨床細胞学会、国際細胞学会)の資格を取得するなどの結果につながっています。また、細胞検査士の有資格者であっても細胞診業務だけでなく病理組織業務にも関わり続け、偏りの無い視野を保つ事が大切であると考えています。

病理組織診断

●摘出組織が病理診断されるまで

(1)切り出し
肉眼的に病変の抽出を行います。
作業者の安全を考慮した局所換気装置。
(2)包埋
パラフィンブロックの作製。
(3)薄切
臓器を4ミクロン程度の厚さにスライスします。人の感覚で行う職人的な作業です。
(4)染色
免疫染色標本や特殊染色標本も厳格な精度管理のもとに作製され、適切な染色性に努めています。

自動染色封入機

自動免疫染色装置
(5)鏡検
日本病理学会認定の病理専門医が病理診断を行います。
(6)報告
臨床医(患者様担当の医師)に渡り、通知や治療方針の選択に使われます。

●術中迅速診断

手術中に病理診断が必要なときに行われます。読んで字のごとく、手術中に迅速に診断を行います。短時間のうちに標本作製を行わなければならないため、瞬時に組織を凍らせて専用の機械(クリオスタット)で薄切りされます。そして直ちに染色・鏡検され手術中に診断がなされます。

●有機溶剤蒸留再生装置 リサイクラー

現在、当施設では使用済みキシレンの再生を実施しています。
蒸留によって、使用済みキシレンからアルコール・パラフィン等の不純物を取り除き、使用済みキシレンの再利用が出来る装置です。

病理検査室では多量の有機溶剤を使用しますが、再生装置の導入により使用済みキシレンの排出量が65%削減しました。

細胞診

組織から採取された細胞が検体となります。婦人科スメアや尿、喀痰、胸・腹水、腫瘍の穿刺吸引などさまざまな細胞が検体となります。患者様への負担を少なく良悪性をスクリーニングし、病理検体と共に重要な検査となります。

日本臨床細胞学会と国際細胞学会の認定を受けた細胞検査士が細胞診専門医の指導のもとに判断しています。


生化学・免疫学検査
血液学・一般検査
微生物学検査
病理学検査
ホルター解析
環境衛生事業部
認定資格一覧

AMG検査部
上尾中央医科グループ
上尾メディックス
ISO15189認定施設
多様な働き方実践企業

H24.9.24取得